2010年01月09日

認知症GH、大都市部などで3ユニットまで可能に―厚労省通知(医療介護CBニュース)

 厚生労働省老健局高齢者支援課はこのほど、認知症対応型共同生活介護事業所(認知症グループホーム)の設備基準についての通知を発出した。1事業所当たりの共同生活住居(ユニット)の数が2つ以下とされていたのを、首都圏、近畿圏、中部圏の特定地域に限って3つまで認める。

【「認知症GHのユニット数が3つまで認められる『既成市街地等』」詳細】


 高齢者支援課によれば、施設用地の確保が難しい大都市部などにおいて、事業所が設置可能なユニット数を3つにまで広げることで整備を促進し、その地域に住む人が近くにある認知症グループホームを利用しやすくするほか、雇用を創出する狙いもあるという。

 ユニット数が3つまで認められるのは、租税特別措置法上の「既成市街地等」で、東京都では23区と武蔵野市の全域、大阪府では大阪市の全域などとなっている=表=。


【関連記事】
都内の認知症GHの7割が入居率90%以上―東社協調査
介護従事者の「バーンアウト」を防ぐには―認知症ケア学会シンポ
注目される認知症短期集中リハ、意欲などの改善も
認知症の人も働きたい!―グループホームでの「就労デイ」
認知症の人のケアは「その人の人生を振り返って」

h6fmjw17のブログ
ナツメロ会
携帯ホームページ
アフィリエイト ホームページ
クレジットカード現金化 比較
posted by 9m6mcgyd57 at 18:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

押尾容疑者、異変直後通報なら 8割超で救命可能 警視庁推定(産経新聞)

 元俳優の押尾学容疑者(31)による保護責任者遺棄致死事件で、飲食店従業員、田中香織さん=当時(30)=の異変直後に押尾容疑者が119番通報した場合の救命可能性が、少なくとも8割以上あったと警視庁捜査1課が推定していることが5日、捜査関係者への取材で分かった。押尾容疑者が田中さんに「大丈夫か」などと声をかけていたことも判明。捜査1課は田中さんの異変を十分に認識しながら放置したとみて、詳しい経緯を調べている。

 捜査1課の調べでは、田中さんは昨年8月2日、東京都港区の六本木ヒルズの一室で、押尾容疑者と一緒にMDMAを服用した後の午後6時ごろ、気分の不調を訴えるなど異変が始まったとされる。押尾容疑者は「大丈夫か」などと声をかけたが、田中さんは意味不明な言葉を繰り返して錯乱状態に陥り、午後7時ごろに死亡したとみられる。

 捜査1課は、押尾容疑者が異変直後に119番通報した場合の田中さんの救命可能性について、専門家に分析を依頼。専門家は、(1)異変があったとされる午後6時前後の救急車の到着・搬送時間(2)六本木ヒルズ周辺で受け入れ可能な病院(3)同病院で期待できる医療内容−などを総合的に検討し、「女性は十中八九、助かった」との趣旨の結論を出したという。

 捜査1課はこの結論を踏まえ、押尾容疑者の行為と、田中さんの死亡に因果関係が認められると判断。保護責任者遺棄致死容疑での逮捕に踏み切った。

スプラッシュ
My Road
出会いランキング
現金化
クレジットカード現金化
posted by 9m6mcgyd57 at 09:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。