2010年05月28日

ウイルスを使った架空請求摘発(産経新聞)

 インターネットのファイル共有ソフト上で、ウイルスを仕掛けたゲームをダウンロードさせて「著作権を侵害した」とうそを言い、和解金名目で現金をだまし取っていたとして、警視庁ハイテク犯罪対策総合センターは詐欺容疑で、ネット関連会社「ロマンシング」社長の男(20)=埼玉県新座市=ら2人を逮捕した。同センターによると、コンピューターウイルスを使った詐欺事件の摘発は全国初という。

 捜査関係者によると、男らはファイル共有ソフト「シェア」上に、ダウンロードした利用者の個人情報やアクセス履歴などが公開される仕組みのウイルスを仕掛けたアダルトゲームのファイルを配信していた。

 このファイルをダウンロードすると、画面は自動的に男らが開設した架空の著作権団体「ICO 国際著作権機構」のホームページ(HP)に移動。ダウンロードが著作権法違反に当たることを警告する画面が表示され、同HPに掲載された個人情報などの削除と合わせ、和解金名目で利用者1人につき5800円を請求。ロマンシング社の預金口座に現金を振り込ませ、だまし取っていたとしている。

 捜査関係者によると、ウイルスはアダルトゲームだけでなく、ウイルス対策ソフトのファイルなどにも仕掛けられていた。昨年11月の時点でICOの掲示板には1500人分の個人情報が掲載されていたという。

【関連記事】
神戸市職員のPC転売詐欺、損害は7千万円以上
九大院生らロボット大会装い詐取容疑 福岡市役所を捜索
出会い系利用料名目で詐取 大阪府警容疑で5人逮捕 被害2億円か
「プチぼったくり」横行 被害者男性が語る衝撃手口
【取材最前線】良心って何だ?
虐待が子供に与える「傷」とは?

小杉元文相の妻逮捕=8900万詐欺容疑―元秘書も・警視庁(時事通信)
白いビーチが真っ赤!…土佐清水市の大岐浜(読売新聞)
「小沢反抗」への報復? 静岡県連に活動費支給停止(産経新聞)
<著作権法違反容疑>福井新聞記者を逮捕 DVD複製販売(毎日新聞)
刑務官暴行 「国は賠償請求可能」 間接的な責任言及(毎日新聞)
posted by 9m6mcgyd57 at 00:38| Comment(11) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月14日

ほめられたら要注意…多額現金請求の悪徳商法(読売新聞)

 高齢者が趣味で取り組んでいる短歌や俳句、絵画などの作品を褒めちぎり、掲載料名目で多額の現金を請求する新手の勧誘行為が急増している。

 才能を認められる喜びと、つけ込まれた羞恥(しゅうち)心を巧妙に突いた手口で、掲載物自体が存在しない詐欺的被害も多い。埼玉県消費生活支援センターは「ほめあげ商法」と名づけ、注意を呼びかけている。

 絵画が趣味という県内の80歳代の男性。広告会社の社員を名乗る男から今年、作品を褒める電話がかかってきた。その後も電話は次々と入った。「絵を画集や紙面ギャラリーに掲載しませんか」。男性は結局、約20社からの勧誘を承諾した。後日請求された掲載料は、計約400万円に上った。

 「すばらしい短歌ですね」。県内の80歳代の女性宅にも昨秋、広告会社を名乗る人物から電話がかかってきた。「作品を本に載せませんか」という誘いに乗ると後日、8万5000円の掲載料を請求する書類が送られてきた。

 いずれのケースでも、勧誘時に掲載料の説明はなく、掲載された本などが送られてくることもなかった。

 国民生活センターによると、短歌や俳句の掲載料トラブルに関する相談は、2006年度までは1ケタで推移していたが、07年度は49件、08年度には150件と急増し、昨年度は少なくとも359件に上っている。不当請求の平均額は約29万9000円。相談者の平均年齢は79・5歳で、女性が8割を超えた。

 同様の勧誘トラブルの相談は、県消費生活支援センターにも2年ほど前から寄せられるようになった。

 「すばらしい作品」と絶賛し、中には高齢者を「先生」と呼ぶ業者もいた。心理をくすぐられた高齢者たちは、褒め言葉に喜ぶ余り、掲載条件などを確認せず、無料と思いこんで掲載を承諾するケースがほとんど。解約を申し出ても、「すでに印刷しているので無理」と言われたり、掲載したとされる雑誌や海外のギャラリーなどが存在しなかったりした事例もあったという。

<遺伝子組み換えナタネ>港から国道沿いに自生 愛知で確認(毎日新聞)
ヨット沈没、防水携帯で助け求め3人救助(読売新聞)
飲酒発覚逃れ軽トラ、信号無視繰り返しパトカーに衝突 男を逮捕(産経新聞)
ゴマちゃんそっくり…神秘的なアザラシの出産シーン(動画)
和解協議、応じる方向 B型肝炎訴訟、政府調整(産経新聞)
posted by 9m6mcgyd57 at 12:58| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月29日

「住民のつながり薄く解決困難に」世田谷一家殺害、遺族が地域連携訴え(産経新聞)

 平成12年に東京都世田谷区で発生した一家殺害事件の遺族、宮沢良行さん(81)が23日、東京都千代田区で講演し、「住民の繋がりが薄くなり、事件解決が難しくなっているのではないか」と、地域の連携の重要性を訴えた。

 宮沢さんは事件当時について「捜査員に質問されるばかりで、何が起きたかまったく分からなかった」と振り返り、「地元警察と聞けば被害者にも親近感がわき、捜査がスムーズに進むのでは」と指摘した。

 一方、殺人罪などの公訴時効撤廃を盛り込んだ刑法と刑事訴訟法の改正案が近く成立する見通しとなったことについて、宮沢さんは報道陣に「一日も早く時効を撤廃して絶対に犯人を捕まえてほしい」と訴えた。

 講演会では、8年に上智大生の二女を殺害された小林賢二さんが「私たちの苦しみを皆様が味わうことがないよう社会の安全活動に努めたい」とのメッセージを寄せた。

 宮沢さんと小林さんは、殺人事件の遺族らでつくる「宙(そら)の会」で、時効撤廃運動に取り組んできた。講演は、警視庁神田署が主催した。

【関連記事】
世田谷一家殺害なども時効廃止の可能性
世田谷一家殺害から丸9年 刑事部長が献花
世田谷一家殺害、犯人は南欧系混血か DNA型分類で絞り込む
無念…母子3人殺害の遺族 判決前に死去 静岡・焼津
弟の娘殺害容疑で再逮捕 愛知・豊川の一家殺傷事件
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

<雑記帳>キャラクターにハネト姿の“ねぶた” 青森養豚協(毎日新聞)
<厚労省>余剰金未返納3〜5億円 1930件分手続き怠る(毎日新聞)
走行中の車を座いすが直撃、投げ落としか(読売新聞)
北日本は不順続き、冷夏も=農作物に注意−気象庁3カ月予報(時事通信)
自宅競売、明け渡しトラブルで不動産業者を殺害(読売新聞)
posted by 9m6mcgyd57 at 20:35| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。